スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリさんのアート写真レッスン

夕方から、ウチの事務所にて、アート写真家松木マリさんによる写真レッスン。参加者は、ハマの観光翻訳者Sさん・タミーズ・ハートトリップのUさん・アシスタントのF・私の4人。

まずは、日本ではなじみの薄い「アート写真」とは何か?という話から。ごく簡単に要約してしまうと、そこにあるものを「きれいに撮る」のではなく、「自分が表現したいように撮る」のがアート写真とのこと。

なにはともあれ、カメラの基本性能がわかっていなければ、思うようには撮れないということで、それぞれのカメラの性能やクセをチェック。

1118b.jpg

あやしい集会のように見えるけれど、これは、「ホワイトバランス」についてお勉強しているところ。自分のカメラで、いろいろと設定を変えて撮影しながら、自分の好きなホワイトバランスを探していく。お勉強の場に、ティーカップとお菓子が並んでいるのは、スウェーデン流。

今年の2月に行ったスウェーデンで学んできたことのひとつに、「おいしいお茶とお菓子を食べながら勉強すると脳の印象に残る」ということがある。日本では、食べながら何かをやると不真面目と思われがちだけれど、スウェーデンでは、プレゼンテーションを聞くとき、ディスカッションをするとき、必ずお菓子とお茶が供された。最初は、「ずいぶんサービスがいいな~」などと、外国人来訪者に対してのサービスかと思いこんでいたが、見学に来る学生達にも同じようにすると聞いて、びっくり。さらに、「おいしいものと一緒に学ぶと印象に残るから良いのだ」という、きちんとした理由があることも知り、なるほど~と納得。それ以来、なるべく実践しようとしているのだ。余談だけれど、自分が受け持っている町田アカデミーの授業でも、そのうち実践できるようになるといいなと思う。

自分のカメラの基本性能をおさえたところで、最後にアート写真に挑戦。「パターン」というテーマで、身近なパターンを探して撮ってみる。

1118a.jpg

パターン??これじゃ、単なるクッキーの写真だな・・・
アート写真への道は、まだまだ続く。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ご紹介ありがとうございます。

勉強する時、何かを食べたり飲んだりするのはスウェーデンスタイルだったのですね♪
リラックスしながら学んだ方が頭に入りますよね。
おいしいコーヒーと和菓子をありがとうございました。

これからもお写真とても楽しみにしています。♪
Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表
All About 「花のある暮らし」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。