FC2ブログ

ガーデンケア T様邸

天気:雨が降ったりやんだり  月齢:10.3
9:15頃から Fさんと2人で作業開始。

花が終わった宿根草の切り戻しと、雑草取りをひたすら行う。
その他、
 ・セイヨウバクチノキの生け垣を低めに刈りそろえる
 ・オリーブ・フェイジョア・カラタネオガタマの軽剪定
 ・バラの枝を、軽く整える
 ・タカノハススキをひとまわり小さくする   等

■レイズドベッドとプランターに植えた植物:ネメシア‘タニストレーサー’(2)・プチダリア‘アプリコット’(3)・ガーデンシクラメン(3+4)
■レイズドベッド(日陰のアプローチ沿い):ガーデンシクラメン(8)・プリムラ デンテキュラータ‘パープル’(2)・プリムラ デンテキュラータ‘アルバ’(1)
■植栽部分に植えた植物:ペンステモン‘ブルーバックル’(2)・ジギタリス‘ピンクシャンパン’(3)

市場で、9月からガーデンシクラメンを目にするようになって数年経つが、今年はまた一段と、出荷が増えているように思う。それに引き換え、他の品種が減ってきているのではないかと感じる。
2年前のこの時期、知り合いの仲卸の人にガーデンシクラメンを勧められ、「9月から植えたくないよ」と言って抵抗していたのだが、「早い時期から植えると、年明けにものすごい大株になって、花つきがよくなるよ。ダマされたと思って、1ケース植えてみてよ。」と言われ、本当にダマされたつもりで、ある現場で使ってみたことがある。3月頃、春の草花への植え替えの際に、調べてみたら、11月中旬頃に植えたものよりも2倍くらい大きくなり、すごくしっかりとした株になっていて、あまりのもったいなさに、抜き取った株を、作業していたスタッフが皆、持ち帰ったほどだった。

その経験があるので、今回もシクラメンを植えてしまったのだが、でも本当は、「まだ、植えたくないな」と思っている。
今の季節以外でも、「売れやすい植物」や「花が長持ちする植物」が市場に増えてきて、それ以外の品種が淘汰されてきているように感じる。売れやすさや生産コストなど、生産者・流通業者側の様々な要素があるのだとは思うが、買う側にとっては、もっと、選択肢が増えたほうが、ハッピーなはずなのにと思う。

雨が降っていたので、薬剤散布は後日行うことに。
雨が降っていて、早い時間から暗くなってしまったので、写真もナシ。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
最新記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表取締役
All About 「家庭菜園」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム