スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いい会社」を目指す

6月30日。今年もあっという間に半年が過ぎてしまいました。
なんとなく、手帳を見返していたら、3月18日に行われたグリーン経営者塾のときのメモが出てきたので、備忘録がわりに書いておこうと思います。

この日は、鎌倉投信株式会社 代表取締役社長鎌田恭幸氏が講師でした。
まず、「同業の常識の中に新しい価値は無い」ので、真逆のことを行っていった方が良い。というお話から始まりました。

■「いい会社」とは?
 本業を通じて社会に貢献する会社

■最大のCSRとは?
 社員を仕事に夢中にさせること

■「いい社長」の5条件
 ・使命感         目的を明確に持っていること → 軸がぶれない
 ・勉強熱心     過去の成功体験は通用しない
 ・謙虚             傾聴する力を持っている = 求心力を持っている
 ・愛情深い
 ・現場主義  目線を下げ、社員とともにスクラムを組めること

企業の活動目的は「利益」ではなくなり、自分の持っている「リソースをいかに分配していくか」に変化するとのこと。
私の持っている経験や知識だけでなく、協力してくれる職人さんやスタッフ、そして、協力してくれる会社もすべてが私のリソース。
それを、皆さんの問題を解決するために活かしていくことが仕事なのです。

会社の小ささを武器に、「この会社、いいよね」と、より多くの方に言っていただけるよう、今年後半もがんばります。
スポンサーサイト

バッターボックスに立て!

6月22日は私の誕生日です。今年も、皆さんにたくさんのお祝いをいただきました。ありがとうございました。

ここ数年は、とにかく、そのときそのときに対応しなければいけない事への対応に必死で、自分の年齢のことなどすっかり忘れてしまっています。独立→法人化する前ののんびりしていたときは、実年齢よりもだいぶ若く見られて (本当ですよ!) いましたが、法人化して、1年間をこれまでの3倍くらいの勢いの日々を過ごしていたら、見た目と実年齢がだいぶ近づいてきたような・・・そんな気がしています。

さて、誕生日を迎える前日に、改めて頭に浮かんだ言葉は「バッターボックスに立て!」でした。これは、要するに、「バッターボックスに立たなければ、ヒットも生まれない」ということで、かつて、新聞のコラムか何かで読んで「なるほど!」と深く納得した言葉でした。

その言葉に背中を押されるように、連日バッターボックスに立っているのですが、空振りをしたり、自打球を当てたり・・・相変わらずそんな日々です。そんな日々でも、めげずに続けてこられたのは、皆さんの深い理解と共感、ご協力のおかげです。
ここで、改めて感謝を申し上げます。

最近は、ときどきボールが前に飛ぶようになってきたかな?と思えることもあります。それでも、1塁まで必死に走って、アウトになっていることもまだまだ沢山ありますが・・・
1打席目は三振でも、2打席目にはヒットにできるイチローのようになれるようなときは、私にもやってくるのでしょうか?そんな日を夢見て、これからもバッターボックスに立ち続けていきます。

これからも、応援、よろしくお願いします!
Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
Twitter
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表
All About 「花のある暮らし」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。