FC2ブログ

植栽がその土地になじむまでには5~7年以上を想定しておく。

わずかな休日を利用して、『造園植栽技術』という本を読んでいる。たまには、造園の基本も勉強し直しておかないといけない。

この本の帯に「この書は、既往のものと全く違う。」という涌井史郎先生の言葉が書かれているが、本当にそのとおりで、私自身がこれまでの造園業に対して違和感を覚えていた部分、そして、「本来はこうあるべきなんじゃないか?」と思いつつも、うまく言葉に表せなかったことが、きっぱりとわかりやすく解説されている。そういう意味で、改めて勉強と言いつつも、「そうそう!」と同意しながら読み進むことができて、とても気持ちが良い。

その中で、今日、皆さんに知ってほしいなと思った部分をひとつ。

私はこれまで、お客様や生徒さんたちに、「3年後の光景を想像して植栽計画を立てています(立てるべきだ)。」と言っていたのだが、これは、私の経験と感覚からなんとなく思っていたことなので、その明確な理由などを説明することができず、それが理由で、なかなか真意が伝わらず、もどかしく思っていたことであった。でも、少しでも多くの人にそういうことを理解してほしいなあと思っていたことに関して、「植栽景観の熟成と時間」という項目で説明されていたので、一部を抜粋したいと思う。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
植物個体と土地の馴染みは、他の土地から根を切断されてもち込まれた植物が、新たな土地に根を下ろし、周辺の環境に馴染んで枝葉を広げ、健全に自立した姿に戻ることである。それに要する期間は、植物の種類や規格、その土地の環境と植物の相性などによっても異なるが、一般に植栽材料として流通している植木や緑化木の場合でも、暖温帯の気象条件のもとでは高木類でほぼ5~7年、中木類で3~4年、低木類で2年程度、草本類でも丸1年は必要である。さらにそれらの植物に風格や重厚感を期待するには、さらに多くの期間が必要になる。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

通常の都心の個人邸では、いわゆる「シンボルツリー」となるような一番大きな木でも、中木クラスのものを使用することが多い。なので、「やはり、3年という期間は間違っていなかったのだ」とホッとすると同時に、このように文章で、世の中に明確に伝えてくれる先輩がいてくれたことに大きな喜びを感じた。

造園に少しでも興味のある方には、是非、読んでいただきたい本です。




造園植栽術造園植栽術
(2012/01)
山本 紀久

商品詳細を見る

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

アサガオ栽培キット

最近、弊社で「留守宅水やりサービス」・「鉢のお預かりサービス」をはじめたことがきっかけで、小学生のアサガオの鉢についての相談をいくつか受けました。誰もが経験したことのある夏休みのアサガオの観察日記ですが、最近、都内の小学校では、来年の後輩のために夏休み明けに種を持参しなければいけないということになっていたりして、結構責任重大になっているようです。それで、長期に家を空ける場合の水やりに頭を悩ますケースが増えているようなのです。

ちょうど、小学1年生の姪っ子がいるウチのスタッフによると、最近のアサガオの鉢は、ちゃんと受け皿なども付いていて、父兄向けに「留守中にはこういう機能利用して下さい。」という説明がされるみたいですよ。ということだったので、さっそく調べてみると、すごいことになっていますね・・・イマドキのアサガオの鉢は。

株式会社文渓堂(懐かしい・・・)のサイトによると、toku02-02.jpg
2012年 ぶんけいのあさがおセットが更に使いやすくなりました」・「栽培に最適!工夫をこらしたあさがおセットを紹介します。」ということで、大きく5項目の特徴があって、さらに、その項目ごとに4~5項目のポイントが説明されていて、その至れり尽くせり度合いがすごいことになっています。この「トレリス支柱ロック型」というものなんて、色を変えてガーデニンググッズとして売っても良いかもなどと思ったりもしてしまうのですが、そういう問題ではなくて・・・






文渓堂のHPより
toku03-01.jpg そもそも、「工夫」って、教材会社がすることではなくて、子供がすることなのではないだろうか?と思うのです。

「フィットじょうろキャップ」という機能があって、その説明文に「ペットボトルに水を入れてじょうろキャップを土へさし込むと、水が少しずつ浸み込んでいきます。休日前の放課後に連続給水を始めると、休みの日でも湿った状態を長く保つことができます。注)連続給水機能は、水やりを補完するもので、水やりが一切不要になるわけではありません。」と書かれていたりするのですが、一体、これは誰に向けての説明何だろう?と思うのです。植物にとって、土が常に湿った状態がベストな状態ではないし。




文渓堂のHPより

水やりができない日が何日かあるのであれば、例えば、バケツや洗面器に水をためてつけておくとか、バケツだと何日もって、洗面器だったら何日しかもたないとか、旅行に行く前に実験をして、ベストな方法を見つけてみたら良いのにと思う。それが、自由研究のネタにもなったりして一石二鳥だし。

以前読んだ、西村佳哲さんの『自分の仕事をつくる』という本の中に、こういう一節がありました。
-------------------------------------------------------------------------------
日本の算数教育では、

4+6=□

という形で設問が用意される。が、海外のある学校では、

□+□=10

という設問で足し算を学ぶという話を聞いた。□の中の組み合わせは自由であり、自分で考えるしかない。それは整数でなくても良いし、+や-をはじめ、それこそ限りない組み合わせが考えられる
このとき生徒から出てくる質問は、「先生ならどうする?」だ。あらかじめ用意された答えを教える教育と、それを解く力を育もうとする教育の違いが、ここにもある。
------------------------------------------------------------------------------
少なくとも理科や生物という生き物をや自然を扱う教科では、「あらかじめ用意された答えを教える教育」ということを、なるべくして欲しくないなと思うのでした。
Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
最新記事
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表取締役
All About 「家庭菜園」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム