スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校 = 人生の岐路?

昨日、町田アカデミーにて、4月生募集のための、体験レッスンを行ってきた。参加者は、インテリアコーディネーター科希望者:4名・ガーデニングプランナー科希望者:4名の計8名。「プランターのプランを作ってみよう」というタイトルで、ベランダガーデンの簡単なプランを作り、プレゼン・講評するという内容の授業。皆さん、最初は、難しそうな顔をして聞いていたが、後半になると、楽しそうに手を動かしてプランニングされていた。

さて、この学校を希望される方は、会社員の女性で、転職を考えている方が圧倒的に多い。「年間○○万円という学費を払って、本当に希望の職種に転職できるのか?」と、入学を迷われる方も多いが、それは当然のことだと思う。この学校に入学を希望される方の大半は、勉強しにくることが、人生の岐路と結びついているのだ。

昨日も、そのような方と個別にお話をさせていただいた。
「年間○○万円払って1年間授業を受けて・・・本当に私、その後やっていけるのでしょうか?」という問いに、「授業を受けるのは1年間だけれど、その後ずっとそれは役に立つわけだから。」と答えたところ、その後の人生について、ますます悩ませるようなことになってしまったようで、反省。

以前、ある生徒さんに、「先生のせいで、もう、今までどおり植物を見過ごすことが出来なくなってしまいました。いちいち、この木は何ていう名前だろう?って気になるし、葉の色がおかしかったりすると、病気かな?とか思うし・・・」と言われて、うれしくて、心の中で、ガッツポーズしたことがある。

学ぶってこういうことなんだと思う。誰でも、数ヶ月前の自分とは、別人になってしまっているような快感を味わえたら最高だと思いませんか?

内田樹先生も、こうおっしゃっている。「一度学ぶとは何かを知った人間は、それから後はいくらでも、どんな領域のことでも学ぶことができます。というのは、学ぶことの本質は知識や技術にあるのではなく、学び方のうちにあるからです。」(『下流思考 学ばない子どもたち 働かない若者たち』)

こういう学校の講師として、「学ぶことと仕事とは切り離して考えた方が良い」ということは言いづらいけれど、でも、自分が別人になれる快感を味わうために、年間○○万円を払うのもアリかなと思っている。
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

だんご3兄弟?

昨日は、早春からはじめる新規プロジェクトの打ち合わせに、小林養樹園さんへ行ってきた。造園業界のことをあまりご存じない方のために説明すると、小林養樹園さんは、植木の生産者さん。造園に使う樹木は、このような生産者さんが専門に育て、出荷していて、その中には、ポット苗が得意な生産者や、大きなサイズの木が得意な生産者、バラ専門の生産者など、様々な分野にわかれていて、ガーデナーなど施工する人間は、自分が必要とする材料をそれぞれの生産者から仕入れてガーデンに植栽していく。

打合せがひと段落したあと、社長に「小島さん、ウチのスパイラルとかがある畑、見たことある?」と聞かれ、見に行ったことがなかったので、連れて行ってもらう。

1221a.jpg

車から降りて、思わず「だんご3兄弟!」(古い!)とか言ってしまったけど、かわいい。

1221b.jpg

スパイラルというのは、こういう風に螺旋状に刈り込まれた樹木のスタイルのこと。

私たちはしょっちゅうこういう畑を見に行っているので、「この樹種は冬になると発色がどうのこうの・・・」などと、当然のように細かいことばかりに目が行ってしまうけれど、「世の中の大半の人は、こんな畑が東京にあるということさえも知らないのではないか?」と、ふと気がついて、もっと、どんどん紹介していかないといけないなと思った次第。

「この植木、ウチの玄関に使いたい!」などと思った方は、お気軽に弊社までご相談下さいね。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

1月18日 星の王子さまミュージアム

年明け初の、星の王子さまミュージアム
風がないせいで、日中、日がさしてくると、上着を1枚脱いで作業できるほどの暖かさ。

hosi0118-2.jpg

でも、10日前に降った雪が、日陰の部分では凍ってしまって、こんな風にずっと残っている。昨年は、1週間に1回くらい雪が降っていたような印象があるが、今年は、乾燥した寒さで、同じ冬でも、植物の様子が昨年とは違うので、スタッフの方たちも、水やりなどに苦慮されている様子がうかがえる。

今日の主な作業は、フランス庭園の中央にあったクリスマスツリーを撤去した後、従来の位置に戻されたコンテナに植物を植え込むこと。

一見、いつもと変わらないように見えた鉢だが、実は、土がカチンカチンに凍っていて、愛用の「山菜ナイフ」さえも突き刺さらないほどになってしまっていた。そのままあきらめて帰るわけにもいかない(仕事だし!)ので、土を水で溶かしながら、少しずつ既存の植物を抜き、新しい植物に植え替える。それにしても、ずーっと冷凍庫に入れっ放しになっていたアイスクリームを、スプーンが曲がりそうになりながら削っているような感じ・・・

新たに植えたのは、芽出し球根のスイセン`ティタティタ’・ヒヤシンス・スイセン`カサタ’の3種類。寒さに強いものを選んだつもりではあったが、この土の凍りようは、昨年以上にすごい印象。ここの土はまたすぐに凍ってしまうと思うけど、植物たちは、がんばって、お客様の目を楽しませてほしいと思う。

hosi0118-1.jpg

中央に白いカゴのように見えるのが、今回植え替えた部分。芽出し球根をコンテナに植えこんだあと、白い枝で立体的に見えるように装飾。

こんな風に土が凍ってしまう箱根では、パンジーやプリムラもギュッと縮こまって寒さをしのいでいるので、温暖なところにあるガーデンと違って、色とりどりな花が咲いているような演出をするのが難しい。昨年の反省を活かして、今年は、この季節にいらしたお客様に少しでも楽しんでいただこうと、いろいろと工夫している。

シンボルツリーであるハンカチノキにこんな装飾をしてみたり、

hosi0118-4.jpg

寒さに弱いアガパンサスの冬囲いを立体的にしてみたり・・・

hosi0118-3.jpg


秋が深まる頃から、材料集めなどの準備をして、、ミュージアムのスタッフの方に松ぼっくりを集めてきてもらったり、いろいろな材料でその場で思いつきでやるのも楽しいし、入ってきたお客様の「わァ~」という歓声が聞こえたら、すごくうれしい。

寒い地域ならではのガーデンの工夫、この他にもいろいろ(ミュージアムのスタッフブログにもとりあげられています)やってます。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
Twitter
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表
All About 「花のある暮らし」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。