FC2ブログ

ガーデンケア T様邸 ~続き~

9月29日の作業の続きの薬剤散布に伺う。
先週は台風ウィークで、その後、連休が入ってしまったため、ようやく今日、作業に伺うことができた。
■薬剤散布:木酢液1000倍・スピノエース2500倍・クロロゲン黄500倍:…5リットル

t2.jpg

ホトトギス2種

約2週間ぶりに来てみると、植え替えた草花の一番花がちょうど終わっている時期だったので、終わった花を切り戻す。こうして、一度手入れの作業に入ってから、1~2週間後にもう一度軽く作業に入ると、前回の作業の確認と、花がら摘みができ、植えた花を、より長く保たせることができて、いいかもしれないと思う。


t1.jpg


前回植えたレックス・ベコニア(インド原産)が、きれいに大きく育っている。最近の夏の東京は、こういう、熱帯原産の植物の方が、日本原産の草花よりも調子よく育つようになってきている。こういう、調子良く育っているものは、抜きづらいのでそのまま残して、空いた部分に秋の花ものを植えようとすると、レックスベゴニアとシクラメンが同居するという、不思議な光景が出来上がってしまう・・・自分でやっていることながら、なんだか複雑な気分だ。

植物の歳時記を自分なりに組みなおさなければいけない時期に来ているのかもしれない。10年前と今とでは、気候がずいぶん変わっているし、市場に出荷されている植物の、品種やタイミングもどんどん変わってきている。それが全て良い方に変化しているとは思えないのだが・・・

気候の変化に伴って、病害虫の出方も変化してきしているし・・・

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

「温室効果ガス25%削減なら可処分所得が年間36万円減る」はウソ

政府が、温室効果ガスの排出の削減目標を出すたびに、ニュースやワイドショーなどで、「国民1人当たり○○円の負担」といった論調で語られることが多い。先日の国連総会で、鳩山総理大臣が大きな目標を掲げた後も、そのような報道が続いていて、連日のように「不景気だ」といいながら、一方で、そういったネガティブな情報しか出さないマスコミに、ちょっと疑問を感じていた。

ある時、車を運転しながらラジオを聴いていたら、「年間○○円というのは、その試算を行った年以降、GDPが毎年プラスになることを想定して可処分所得を計算していたもので、現在の可処分所得から、その金額が減るという意味ではない」というような解説を聞いた。

「な~んだ、そうなんだ。これは、もっと多くの人に知ってもらわなくては」と思いつつ、なにせ、運転しながら聞いていたことなので、正確な数字を思い出すことができず、身の回りの人にさえ、きちんと話すことができずにいた矢先、こんなタイトルのメルマガが届いた。

「温室効果ガス25%削減なら可処分所得が年間36万円減る」はウソ

『オルタナ』という情報誌の編集長からのメルマガで、ブログやメールへの転載はフリーなので、その内容の一部を以下に転載することにする。
---------------------------------------------------------------------------
最近よくマスコミで取り上げられているのが
「温室効果ガス25%削減なら、可処分所得は一世帯あたり
年間36万円減る」という見方です。

この数字の根拠は、麻生前政権が温室効果ガスの中期削減目標を
決める際に、内閣官房の中期目標検討委員会などで出てきた資料です。

ただ、これには大きな誤解があります。 

環境省の地球環境局地球温暖化対策課の担当者さんは、
下記のように説明してくれました。

《「年間36万円」というのは、
2020年に温室効果ガスを25%削減した時(可処分所得予想555万円)と、
削減しなかった時(可処分所得予想591万円)の差が36万円あるというだけで、
「現在の可処分所得(05年、479万円)から36万円減る、というわけでは
決してありません。むしろ所得は76万円増えるのです》

さらに環境省・担当者さんは
1)この数字にはグリーンニューディールなど、温暖化対策のプラス効果が
  入っていない
2)高波や旱ばつ、マラリアなど温暖化対策を取らなかった時の被害コストが
 入っていない
――などの指摘をしていました。つまり、温暖化対策によるコスト(光熱費の
 増加など)だけを捉えて、しかも、現在より36万円も可処分所得が減るかの
 ような誤った見方や報道は、かなり問題があるというのです。

また、25%削減のために今後導入されるであろう、環境税(炭素税)は、
これまでの議論では「税収中立」(納税者の負担は変わらない税制)です。
環境税としての税収を年金財源に充てているドイツなどがお手本です。
つまり、環境税税が導入されたからといって、そのまま可処分所得が減る、
という論理は成り立ちません。

つまり、結論的には、「年間36万円」という数字自体が、かなり怪しい
存在であることが分かります。グリーンニューディールで経済が活性化すれば、
GDPや可処分所得は上向くはずですし、何より国民負担は、今後の
温暖化対策の設計次第で大きく変わります。CO2削減で頑張った人は
報われ、頑張らない人は多くを払う仕組みが必要なのは言うまでもありません。

このメールを読まれている賢明な読者様は、「温暖化対策を進めると
家計に大きく響く」――という誤解をされないことをお勧めいたします。

環境問題は、このように、変な数字の一人歩きや、誤解、風説が本当に
多い分野です。オルタナも気をつけたいところです。
---------------------------------------------------------------------------

そういうことなんだ。
「環境省の方もがんばっているな~」と思う。もっともっとがんばっていただいて、いろいろなメディアから情報発信していただきたいと思う。

それから、
「このメールの趣旨に賛同を頂けましたら、ご同僚やご友人に
是非、メルマガ登録をお勧め下さい。」とのこと。

---------------------------------------------------------------------------
メルマガ無料登録はこちらから
⇒ http://www.alterna.co.jp/meruma/index.html
---------------------------------------------------------------------------

以上。
台風が通過中の横浜の事務所から。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

箱根湿生花園

友人と二人で箱根へ観光に行く。台風が接近していて、今週はずっと天気が悪そうな予報だったが、雨が降り始めるまでにまだ間がありそうだったので、まず、箱根湿生花園へ。「仙石原で植物に関する仕事をしているのだから、一度は行かなくては」と思いつつ、なかなか行く機会が持てずにいた場所。星の王子さまミュージアムとは、すぐ近くなのに。秋も深まって、ようやく初めて訪れることができた。

園内は8つのエリアに分かれていて、湿性植物から高山植物まで幅広い品種の植物を見ることができる。

s100_7006.jpg

サラシナショウマが咲いていた。夏の、もう少し早い時期に咲き終わるのかと思っていたが、以外に花期が長いことに気づく。

s100_7014.jpg

ここから先は、仙石原湿原植生復元区。より自然に近い植生を見ることができて、すごく参考になる。

s100_7012.jpg

オミナエシ(黄)ワレモコウ(あずき色)トネアザミ(タイアザミ:ピンク)の他に、ススキなどが入り混じっていて美しい。トネアザミのうつむきがちに咲く花がかわいい。

この時期の湿原は、もっと単調な植生になってしまうのではないかと思いこんでいたが、全然そんなことはなかった。そして、同じ湿原の中でも、少しずつ群生をなすメインの植物が入れ替わっていく。2~3歩進むごとに、サワギキョウの紫が強くなっていったり、それがフェードアウトしていくと、今度は、ワレモコウのあずき色が多くなっていったりと、ちょっとずつ景色が移り変わってゆく。人間が、来園者を飽きさせないようにと計算して、そんな風に植栽するよりも、自然のほうが、ずっと自然にそういうことをやってしまって、しかも、当然、美しい。

少しでも、自分のガーデンがそれに近づけるように、少しでも参考になるように、と思いながら、この湿原の様子をカメラにおさめる。

この後、仙石原のススキを眺めながら星の王子さまミュージアムへ行き、観光客気分ですっかり楽しんだあと、ポーラ美術館へ。


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
最新記事
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表取締役
All About 「家庭菜園」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム