FC2ブログ

スウェーデン環境視察ツアー

スウェーデン ウプサラ大学に留学中のO君から届いた、スウェーデン環境視察ツアーの報告書を読む。

私は、リボーンというエコツーリズムの会社が主催した「スウェーデン・デンマーク下見ツアー」に参加し、今年の2月8日~15日にかけてスウェーデンに行ってきたのであった・・・まだ1ヵ月とちょっとしか経っていないのに、あの、何もかもが凍っている景色や、手がかじかんでしまって思うように動かせなくなってしまった感覚さえも忘れかけていた頃に、こうやって記録がまとめられて届くというのは、非常にありがたい。

100_5215.jpg

〈スウェーデンの寒そうな写真を引っ張り出してみる・・・〉


報告書には質疑応答の内容なども詳細に記されていて、自分のメモよりも断然読みやすい形に整えられているので、きっと、今後も資料として便利に使わせてもらえることだろう。

さて、この報告書から、この旅行をとおして私自身も強く実感した部分を、引用しておく。
----------------------------------------------------
O君は、なぜスウェーデンでは、行政主導による環境政策が進んで行われるのか?というまとめのなかで、

  ・スウェーデンの土地所有などに関する「社会主義」的な体制
  ・スウェーデンのゴミの絶対的な量が少ないということ
  ・スウェーデン人の政治意識

に続いて、「スウェーデン政治家の視野の広さ」として、

  ・「地球規模の問題は、人類の未来のためにすぐにでも取り組むべきだ」という国際益を見据えている点
  ・「地球環境に早いうちに取り組むことは経済的にも合理性がある」という国益を見据えている点

の2点を挙げ、さらに、「後者に関しては、かなり戦略的なものを感じた。」と書いている。
------------------------------------------------------
このことに関しては私も同感で、この国は、国益に関して本当に合理的に考えているし、その目的に対して、どのように進めれば国全体が(もしくは地域全体が)進んでいくのかということを、長い歴史の中で、メソッドとして確立されているように感じられた。

また、このツアー中もっとも実感したことは、スウェーデンという国は「やり直しがOK」な国だということであった。たとえば、ハンマルビー・シュースタッドでは、計画当初、「住民の自家用車の使用をできる限り減らす」という目標をたて、公共交通機関やカーシェアリングのシステムを整備し、逆に駐車場はあまりつくらないという計画をしていた。しかし、当初の予想とは違って、自家用車の使用が必要な家族も多く住むようになったということで、駐車場の整備計画を見直しているという報告があった。また、「住民1人当たりの水の使用量を1日100リットルに抑える」という目標を立て、当初、1日あたり200リットルだった使用量を150リットルにまで減らすことに成功したが、水が豊富なストックホルムでは、「100リットルまでは減らす必要がない。」というという意見もあり、現在議論を重ねている。ということなど、訪れた各地で、このような「目標をたててやってみたけど、○○年に見直した」という話をよく耳にした。

旅の最終日に、このツアーのガイドをつとめてくれたレーナさんとその話をしたときに、「そうね、スウェーデンでは子供を産むこと以外は、なんでもやり直しがきくかもね。」と言って笑っていたのが印象的だった。

今回の旅行は、これからの自分の仕事のヒントを、なんとなく探してみようかないう感じで、「スウェーデンの環境に配慮した暮しって、きっとモダンでかっこいいものなんだろうな~」とか、「オーガニックな食品って、どれくらい一般的に認知されているものなんだろう?」といった漠然としたイメージしかない状態で出発した。

100_5264.jpg

〈確かに、ゴミ捨て場もかっこよかったが・・・〉

ところが、現地で様々なプログラムに参加しているうちに、日本人とスウェーデン人の生活に対する意識の違いはどこから生まれてくるのか?とか、政治・自治のシステムの柔軟性など、今まであまり真剣に考えようとしてこなかったことに、目を向けざるを得ない状況になってきてしまった。旅行をとおしてこのような意識が生まれたことは、もちろん初めての経験だったし、こんな経験ができて本当に良かったと思っている。

スウェーデンの政治や教育のことに俄然興味がわいた私は、帰国してから早速、Amazonで数冊の本を購入したのだが、日々の慌ただしさにかまけて、全然読んでいなかったのだった・・・これから、ちゃんと読まなくては!


テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ガーデンケアT様邸

8:45頃より、T様邸のガーデンケアの作業。一昨日、雨が降ってきてしまい、やりきれなかった作業を行う。今日は天気が良くて、とても気持ちが良い。

アストランディア(3)・ミスキャンタス(2)・ペンステモン‘スモーリー’(2)・リナリア プルプレア(2)などの宿根草を植栽。

薬剤散布は、キトサン400倍・木酢液400倍。

その他、前回きれいに取りきれなかった、樹脂舗装の部分の細かい除草などを行う。

球根類が咲き始めたり、いろいろな植物の新芽が出始めたりしていて、この季節の作業は、とくにウキウキする。

100_5741.jpg


スイセン(品種名は忘れてしまった・・・)と、シモツケ‘ゴールドフレイム’の新芽。このシモツケは、芽の吹き始めは赤くて、徐々に黄色になっていくのだが、そのまさに移り変わっていく瞬間に立ち会えるとうれしい。

100_5739.jpg

 

オダマキの奥に、花芽がふくらみはじめたヒメウツギ。このオダマキってオーレアだったっけ?と思いつつ、写真を撮る。

100_5743.jpg

 

去年の春に植えた、スイセン‘ティタテート’のはずが、やけに花が大きい・・・

なんでだろう??と思いつつ、こちらも記録。

 

[次回植えかえが必要な草花]

 ・ビオラ

 ・ラナンキュラス

 ・キンギョソウ

 

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

Aoyama Street Green Project ~竣工~

町田アカデミーの小林氏より、竣工写真が届く。
外苑前花壇は、相変わらず風が強い様子。


IMG_5763.jpg


植栽計画を話し合っている段階では、樽型プランターのゴールドクレストを残すことによって、「以前と変わっていない」というイメージを持たれてしまうのではないか?と危惧していたが、全体的に見ると、空間のトーンが変わったことを実感してもらえそうで、少しほっとする。

IMG_5766.jpg

 

IMG_5781.jpg

 

学校の前の歩道橋下の部分。ここは、だいぶ明るく・華やかになったことが実感してもらえるはず。

IMG_5790.jpg

 

こちらはam/pm前の部分。ハイドランジア‘アナベル’の葉がまだ展開していないので、一般の方たちには「枯れ木が立っている」ように見えてしまうだろうか・・・

IMG_5776.jpg

 

東京建物青山ビルの前のエリア。

こちらも、‘アナベル’や宿根草のボリュームが、まだ出ていないので、さびしいイメージをもたれるかもしれない・・・

 

今回の企画は、計画段階では2009年3月~9月の期間の予定となっている。

〈春→初夏→夏→初秋〉という季節は、植物にとって、1年間でもっとも大きな変化のある季節で、3月に植栽したものがそのままの姿で9月末を迎えるということはほとんどありえないのだが、それを、関係者の方々に理解してもらうことが、最初の作業だった。予算が限られているということもあり、9月にかけて、だんだん良くなっていく植物という観点で、宿根草の比率が多い植栽計画としたのだが、結果的に、その変化を定期的にに観察することのできる生徒さんたちにとって、とても良いフィールドになったのではないかと思う。

5月~6月には様々な花が咲き、華やかさを増してくれるはず。その良さが、これから多くの方にうまく伝わっていくと良いのだが・・・

 

※写真提供:町田アカデミー 小林剛士 氏

 


SALF 特定非営利活動法人 渋谷・青山景観整備機構

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
最新記事
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表取締役
All About 「家庭菜園」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム