植木職人で良かった!

今月の最初の週にBotanicaへ手入れに行った時の話です。

東京ミッドタウンにあるBotanicaは、2007年3月開業なので、今年の3月で、竣工後6年を迎えます。私は、竣工1年後の2008年4月から手入れ作業に携わらせていただいています。

植栽してから5年を経たガーデンは、そこの環境に合ったものはより大きくなり、合わなかったものは、残念ながら淘汰されていくので、植込み当初の様子とは、だいぶ様子が違ってきます。それに合わせて、手入れに関するコンセプトも、随時、変更していかなくてはなりません。
0120a.jpg
2008年5月頃のオリーブ。
樹高が低く、幹も細いです。
0120b.jpg
昨年秋頃のオリーブ。
幹が太くなり、葉がたっぷりと茂り、存在感はありますが、
全体的にうっそうとした感じになってしまっています。

昨年の暮れに、このガーデンのデザインをされている吉谷桂子さんと打ち合せをし、今後の手入れ方法の確認を行いました。そこで話題になったことのひとつに、大きく生長したオリーブの木の剪定方法がありました。吉谷さんから指示されたことは、「枝の下端を揃えて切ってほしい」とのこと。そこで、昨年末から2回にわたって、その作業を行ってきました。

作業を終えて、改めて景色を見回してみて、「なるほど!」と納得。もちろん、吉谷さんの意図は理解して作業していましたが、頭で想像しながら作業していて、その結果がビジュアルではっきりと出ると、すご~く気持ち良いですね。これはきっと脳科学的に言うと「○○波が出ている」みたいな状態なのだろうな・・・

0120c.jpg

0120d.jpg
下端を揃えて剪定したあと。
下草類との境がハッキリとし、スッキリメリハリのあるガーデンになりました。

吉谷さんと一緒に仕事をさせていただいていると、こういう状態にしばしば遭遇します。それは、彼女の頭の中には、きちんとビジュアルでそこにあるべき景色が出来上がっていて、それを的確に指示されているからなのだと思うのです。

そういう仕事に携わることのできる自分は、つくづくラッキーだなと思います。木を剪定している最中は気持ちよくって、それが終わったら、今度は別の状態で気持ち良いという・・・スミマセン、最後は、「他の仕事をしている人にはこの気持ち良さはわからないだろうな~」という自慢になってしまいました。

10月6日 Botanica

天気:晴れ時々曇り  最高気温:24.8℃ 最低気温:18.0℃

本日は古川がお届けします。
今日は二人で作業開始。

まずは薬剤散布(アルム凛500倍・木酢液500倍…4リットル)と芝刈り。
雑草も生えはじめていたので、除草をしながら、ネキリムシと思われる土の盛り上がりを少し掘り返してデナポンを散布しました。

プランター1はミント・チェリーセージ・オレガノ切り戻しとレモングラス・ヤローの枯れ葉整理。
涼しくなってきたので、夏場大きく成長していたレモングラスの葉先が少し茶色くなってきました。
レモングラスは熱帯アジア原産のため、最近の日本の猛暑にも耐えられますが、逆に耐寒性が弱いです。

プランター2はベルゲニア・ツワブキの枯れ葉整理、タイム・ローズマリー・銅葉ダリアの切り戻し、芝刈りと雑草取り。
ベルゲニアの調子がまだ良くありません。

プランター3はベルゲニア・ラムズイヤー・ラミウムの枯れ葉整理、ユーフォルビアの切り戻し。

プランター4はベルゲニア・アガパンサス・ヘレボラスの枯れ葉整理。

プランター5はベルゲニア・ツワブキ・カンナの枯れ葉整理、ユーパトリウムの花がら摘み、芝刈りと雑草取り。
ユーパトリウム'チョコレート'が咲き始め、ホトトギスの花芽も大きく膨らんでいます。

201010071052001-1.jpg 
こじんまり咲いてるユーパトリウム'チョコレート'

201010071051001-1.jpg 
ヤブラン'エバーグリーンジャイアンツ'は紫の花が濃い葉色に映えてきれい

201010071051002-1.jpg 
プランター5の様子

食害があるなと思って葉をガサッと動かすとオンブバッタかツユムシと思われる虫がピョンピョン。
どこからやって来るのか、このテラスで生まれたのか…
いるだけならまだ良いのですが、葉を食べる草食性なのでやっかいです。
葉と同系色なうえ、すばっしっこく捕まえるのが大変です。
補殺以外に何か良い方法はないものでしょうか…


レストラン Botanica
ブログランキングに参加中。読んだシルシにこちらをクリック! にほんブログ村 花ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

9月30日 Botanica

天気:雨  最高気温:22.0℃ 最低気温:18.3℃

本日は古川がお届けします。
今日は二人で作業開始。

朝から少し降っていましたが、作業開始時には結構強い雨に… 
確認作業をしている間にも雨は強くなる一方…

薬剤散布はできないので、倒れているグラス類やベルゲニア等の整理、花がら摘みを行いました。
特にプランター2のベルゲニアの状態が悪く、折れていたり、食害が目立ち、プランター5のベルゲニアと比べると大きさも一回り違います。
同じテラスの中でも一緒に植えられている植物や日当たり、水やりの状態で、かなり大きさや状態が変化することが分かります。

今年の夏は街を歩いていても枯れてしまっている植物を多く目にしました。
普段なら水やりの必要もない地植えの街路樹がカリカリに茶色くなっていたり、
プランターの花も生き残っているのとダメになっているのとの差が極端に出ていて、
例えば、ベゴニアは咲いていてもサルビアは花が落ち、下の方の葉がなくなっていたり。
今のガーデナーには、今まで大丈夫だった組み合わせや水やりの頻度では通用しない、気候や環境の大きな変化にも臨機応変に対応できる能力が求められていくのを強く感じました。

そんな猛暑を耐え抜いて現在主に咲いているのは、プランター2のダリア・ガザニア・バーベナ'ボナリエンシス'・ランタナ、
、プランター5のヤブラン'エバーグリーンジャイアンツ'・ヤナギバアザミ・ユーパトリウム。
ここにホトトギス・ユーパトリウム'チョコレート'が早く加わってくれると良いのですが、潅水装置の故障や猛暑の影響が大きいようです。
秋から冬に咲くビデンスにも影響がありそうです。 

今後、植え替えが待っていますので、それまではどの植物にも頑張って欲しいと思います。



レストラン Botanica
ブログランキングに参加中。読んだシルシにこちらをクリック! にほんブログ村 花ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

9月21日 Botanica

天気:晴れ  最高気温:31.6℃ 最低気温:23.5℃

本日は古川がお届けします。
今日は三人で作業開始。

まずは薬剤散布(アルム凛500倍・木酢液500倍…10リットル)とプランター2のグラス類の整理から。

プランター2のグラス類が大きく倒れ、汚くなっていたので、大きく刈り込みました。
そして、ベルゲニア・アガパンサスの枯れ葉整理とトウテイラン・キャットミント・ビデンスの切り戻し、 不要な部分に生えてきていたトクサの整理をしました。
トクサは地下茎でどんどんあちこちから生えてくるので、他の植物に混ざって生えてきたら抜き取ります。


201009211053002-1.jpg 
すっきりしたプランター2


プランター3はベルゲニア・ラムズイヤー・ラミウム・パンパスグラスの枯れ葉整理、アンゲロニアの花がら摘み。
ラムズイヤーとラミウムはようやく葉が大きくなってきました。

プランター4はベルゲニア・ラミウム・アガパンサス・シロタエギクの枯れ葉整理とオリーブの剪定、ロマンドラを一回り小さく刈り込み。
ロマンドラはこの夏の暑さ&潅水装置故障にも影響されず、かなり元気に育っています。
あまり水やりのできないお庭にはぴったりですね。 

プランター5はぺルシカリア'レッドドラゴン'・ツワブキ・ベルゲニアの枯れ葉整理、ルドベキアの切り戻し、グラス類の整理、芝生地の除草、オリーブの剪定。
やっとカクトラノオの花がほころび始めました。
潅水装置の故障で夏場に水が足りなかったせいか、背丈があまり伸びず、一回り小さい感じがしますが、 カクトラノオ・ホトトギス・ユーパトリウム'チョコレート'はこれから開花予定で特に水やりをお願いしていたので、 まずはカクトラノオが開花して安心しました。


201009211054000-1.jpg 
グラス類のグリーン⇒ブラウン⇒レッドのグラデーションがきれい

 
Botanicaでの作業を終え、青山の現場の採寸へ。

今年の夏は猛暑が続いたせいで、蚊が少なかったそうです。
その代わり、涼しくなって雨が降るようになると蚊が例年通り産卵し生長するので、秋は蚊が増えたと感じるかもしれないとのこと。
日陰で湿った所でのガーデニングの際には気をつけましょう!



レストラン Botanica
ブログランキングに参加中。読んだシルシにこちらをクリック! にほんブログ村 花ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

9月14日 Botanica

天気:晴れのち雨  最高気温:30.4℃ 最低気温:24.1℃

本日は古川がお届けします。
今日は二人で作業開始。

先週の台風以来、朝晩が涼しく過ごしやすい日が多くなりましたね。
やっと秋に近づいてきたようです。

まずは薬剤散布(アルム凛500倍・木酢液500倍…4リットル)を行いました。

プランター1は中の方が蒸れてきていたので、ミント・オレガノを思い切って切り戻し。
その他はチェリーセージ・ローズマリーの切り戻しとワイルドストロベリー・ヤローの枯れ葉整理。

プランター2はベルゲニア・ツワブキの枯れ葉整理、タイム・ビデンスの切り戻し、ランタナ・トウテイランの花がら摘み、グラス類の整理。

プランター3はベルゲニア・ラムズイヤー・ラミウムの枯れ葉整理。
ラムズイヤーとラミウムは順調に新芽が増えてきています。
ラミウム'ガレオブドロン'は中途半端に汚い葉を残すよりも、短く切り戻しした方が新芽が出やすいようです。

プランター4はベルゲニア・ラミウム・ヒューケラ・アガパンサスの枯れ葉整理。
先週ネキリムシにやられて植え直したヒューケラは何とか根付いたようです。
ここのプランターに植わっているメギはあまり潅水装置の故障の影響も受けずに葉を保ち続けています。
メギは耐寒性・耐暑性に強く、午前中に数時間日当たりが確保できれ半日陰でも育ち、かかりやすい病害虫もあまりないそうです。
育てやすいカラーリーフとしてポイント高いですね。

プランター5はベルゲニア・ツワブキ・ヘレボラス・ヒューケラの枯葉整理、ペルシカリア'レッドドラゴン'・ユーパトリウムの花がら摘みと切り戻し、グラス類の整理と支柱の設置をしました。
グラス類に混じってヤナギバアザミが咲き始めました。 

 
201009141048000-1.jpg 
 順調に咲いているユーパトリウム
201009141049000-1.jpg
テラスに出るとさわやかで気持ち良い


今週これからの天気予報は最高気温が30℃を超えないそうです。
最低気温は21、22℃とかなり涼しい予報。
寝る時には気を付けないと風邪を引いてしまいそうですね。



レストラン Botanica
ブログランキングに参加中。読んだシルシにこちらをクリック!
にほんブログ村 花ブログ イングリッシュガーデンへ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
Twitter
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表
All About 「花のある暮らし」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム