FC2ブログ

母島アカギウクレレの話 その2

初めての母島では、衝撃的なことや刺激的なことがたくさんあって、まさに「生き方が変わった」と言っても良い体験だったのですが、そのとき、一番印象に残ったのがアカギの話でした。

アカギという木は、小笠原でサトウキビ栽培が盛んだったころ、生育が旺盛なため、薪として利用するのに良いのではないか?と考えられて南方から導入された樹種です。それが、竹のように生育が旺盛過ぎて、今では、小笠原固有種を駆逐してしまうほどの勢いになってしまっているとのこと。それなら、どんどん使えば良いのだけれど、木材として使用しようとしてもねじれてしまう性質があるし、薪として利用しようとしても、変なニオイがするということで、誰も使いたくないのだと。でも、どうにかならないかな?と、母島に着いた初日に、初対面のKちゃんという人から、「造園の仕事しているんだよね?」と、いきなり相談されたことが、帰ってからもずーっと頭にこびりついていたのでした。

それと同時に、師匠から、「りえちゃんもセイレンでウクレレ作りなよ」と言われ始めていて・・・
「いや、私、まだ、ウクレレ習ってから1年半しか経っていないし、下手だし、楽器だけ良いのを持っていても、格好悪いじゃん」みたいなことを言っていたのですが、「いやいや、良い楽器を持った方が良い。」と。
そんなこと言われたって、ハワイアンコアとかって感じでもないし(別にハワイアンをしたくてウクレレを習い始めたわけではないので。だからといって、母島のタマナではない。これは、エリさんの声に合っていて、私には似合わない。)と、ぼーっと考えていたのですね。

とまあ、日常に戻りつつあった頃、毎年恒例の「ウクレレピクニック」というイベントが横浜の赤レンガで開催されていて、母島で一緒だったセイレン弦楽器工房の高橋さんも出展されるということで、顔を出してみたのでした。そこで出会ったのが、父島のアカギで作られたウクレレでした。「ちょっと試しに弾いてみてもいいよ」といわれてさわってみると、タマナとは全く違う音で・・・なんというか、とまっすぐ前に出るような音で、ソリッドな感じ。
「これは、私に合っているかもしれないなということと、母島で悪者とされているアカギでウクレレを作ることはとても私に似合っているんじゃないかな?」と思い、「アカギでウクレレつくりたいです」といったのでした。

良かった!とりあえず、私に似合うウクレレが見つかったし。と思っていた矢先、またまた師匠が・・・

あるとき、カフェで一緒にお昼を食べていて、「いやー、自分に似合うウクレレがつくってもらえることになって良かった!」的な話をしていたら、「それって、父島のアカギだよね?せっかくなら、母島のアカギで作った方が良くないか?」と・・・
その時点では、母島のアカギという木材は、本土では誰も持っていないはずです。たぶん。もちろんセイレンの高橋さんも。
だって、アカギは利用価値の無い材木と言われているわけですから。
「ってことは、母島に、アカギを採りに行かないといけないということですよね?」と私。
「まあ、そうだよね。でも、その方がいいじゃん。」と、師匠。
まあ、その方が良いと思いますが・・・

ってことで、想定以上に売れたタマナウクレレの材料の追加分も必要になったということで、再び、セイレンの高橋夫妻とともに、タマナの材料を譲ってもらいに行きつつ、アカギの材料ももらえないかということで行ったのが、2017年の6月だったのでした。

IMG_5305_R.jpg

2回目の母島は、知り合いになってくれた人たちが、皆、暖かく迎い入れてくれました。しかし、梅雨の最終週ということもあって、天気は、ずっと雨で・・・

IMG_5332_R.jpg
アカギの林。確かに、この林床は、生物相が貧弱に感じる・・・
IMG_5328_R.jpg
伐採されたアカギ材を見るシンジさん。

とりあえず、アカギの林を見に行ったり、タマナをチェンソーで製材する講習会をしたりしました。
しかし、アカギに関しては、島内でのシロアリ問題があって、簡単に移動することができない。ということが行ってからわかり・・・でも、私の想いを汲み取ってくれた人たちが、記憶を頼りに探し回ってくれて、ようやく、随分昔に製材したアカギを、「これだったら、内地に送ることが出来る」と、探し出してくれたのでした。

IMG_5352_R.jpg
チェンソー製材講習会。(この材はタマナ)
IMG_5376_R.jpg
島の仲間が探し出してくれた内地に送ってもOKなアカギ材。

それを、松本のセイレン弦楽器工房に送ってもらって、待つこと・・・何年だ??
「まだかな~」と、じりじりし始めたころに、ようやく、世界に誇るウクレレビルダーのシンジさんから「材もいい感じになってきたし、そろそと作り始めようかな~と思うんだけど。」と、連絡が来たのが、昨年の12月だったのでした。
それから、いろいろとやり取りして、完成したのが、今年の4月。
ボディは、母島のアカギ。ネックのアクセントに母島のタマナのラインが入っている、それはそれは美しい、母島スペシャルなウクレレ。音は、父島のアカギとまったく違って、強いけど、暖かみのある音でした。

56601072_2031857760269557_1358392091507425280_n.jpg

と、いうわけで、これから、このウクレレを連れて、母島まで行ってきます!

母島アカギウクレレの話 その1

さて、突然ですが、ウクレレの話です。
私が、趣味でウクレレを習っているということは、知っている方は知っているかと思います。

2014年の8月に、ひょんなことがきっかけで、現在のウクレレの師匠Elliさんに出会い、9月から始まったウクレレのレッスンに、試しで参加してみたところ、即ハマってしまい、翌日にはマイウクレレを買いに行っていた・・・ということから始まります。

皆さんもご存知の通り、ウクレレは、ハワイの楽器で、一般的には「ハワイアンコア」というハワイの木材を使用し、ハワイの工房で作られたものが、高級というか・・・多くの方が「欲しいな」と思うものであります。その音色は、どちらかというとカラッとした、ハワイの気候のような(私は行ったことありませんが)そんなイメージの音色であります。

そんなことがようやくわかり始めたあるとき、師匠が「タマーニャ」と名付けた、新しいウクレレをレッスンに持ってきたのですね。その音色は、何ともまあるく暖かく、師匠の歌声にピッタリなもので、最初の音を聞いた瞬間、衝撃的というか・・・「なんじゃこれは!」って思ったのですね。今ほど親しくなかった師匠に、レッスンが終わると同時に、「触っていいですか?これは、なんなんですか?」的なことを聞きながら、「いいよ」って言われる前に触っていたと思います。たぶん。。。

それが、母島に生えているタマナという木から出来たウクレレだったのでした。
でも、その時は、どんな木からできているのかも知らないし、どんな人がつくったのかもわからない・・・でも、とても弾きやすい。そして、「なんて、Elliさんの声にピッタリな楽器なんだ!すげえな。」と思ったのでした。

それからは、相変わらず普段の仕事をこなしつつ、月2回のウクレレレッスンに通うという、フツーの日々を送っていたわけなのですが、
あるとき、突然Elliさんから、「今度、小笠原の母島に行くんだけど、一緒に行かない?4月○日から1週間なんだけど。」っていう連絡が来たんですよね。
「え??」って思いますよね。私は、「すいません。少し考えてから連絡します。」と回答しました。(Elliさんは、「リエちゃんは『行きます』って即答した。」って、よく、知り合いに説明していますが、自分なりに、2時間くらい考えましたよ。)
なんだなんだ??って思うじゃないですか。いきなり小笠原。

私は、生物好きなので、実は、高校生時代に「小笠原に行きたいなー」と思っていたときがあったのです。でも、あまりにも遠くて、あまりにも時間がかかりすぎて、高校生にとってはあまりにも想像がつかなすぎてあきらめていたのでした。そして、社会人になって、色々あって、自分の会社も作ったりして、ホントーにいろんなことがある最中で、そんなことさえも、すっかり忘れてしまっていたのでした。
でも、「え?小笠原??」と思って、webでちらっと調べてみると、「ああ!あの、自分が行ってみたかった小笠原だ!」とわかるわけです。しかし、今度は、その日程の長さがネックになるわけですよね。一応、仕事しているわけだし、未熟な経営者だし・・・「でも、これは、こういうきっかけが無いと、なかなか行けないところだな」と思い、Elliさんに、「行きたいです。でも、私は、2泊くらいして、先に帰ります。」的な返信をしたんですよ。そうしたら、「いや、1回行ったら、次の船の出航は4日後だから。先に帰れないんだよ」って。

「おいおい。日本にそんなところがあったのかよ。」と・・・
それから、また1時間くらい考えて、覚悟を決めて、「行きます。」と答えて行ったのが、2016年の4月のことだったのでありました。

小笠原というと、「父島にいったことあるよ」という方は、私の周りでは結構います。父島までは「おがさわら丸」という船で25時間(現在は、新造船になって1時間短縮されて24時間)。
でも、母島に行ったことあるよという方は、なかなかいません。母島は、父島で「ははじま丸」という船に乗り換えてさらに2時間のところで、東京からほぼ真南に位置しています。

小笠原のことは、戦前は農業が盛んで、もっと沢山の人が住んでいたとか、行ってみると色々なことがたくさんわかるのですが、そのことは、置いておいて・・・

タマナという木は、母島は敷地境界に植えられることが多かった木だそうで、戦前に植えられているので、巨木化しているものがあちこちで見られます。母島の人たちは、夕方、仕事が終わると集う場所がいくつかあって、夕日がきれいな「サンセットシアター」とか、大きなガジュマルの木の下の「ガジュ下」という場所があるのですが、ある場所に生えていたタマナの木の下も、そんな良い感じの場所だったそうなのです。
IMG_1250_R.jpg
皆が集まっていたタマナの木の切り株。これが、タマナウクレレの親となっている木。
あるとき、たまたま旅行で訪れた樹木医さんで、「この木は害虫が入ってしまっているかもしれないから、台風が来たりして倒れたりすると大変なことになる」的なことをおっしゃった方がいたらしいのです。それで、地元の方が「それはタイヘンだ!」ということで伐採したところ、何ともなかった。という・・・(これは、同じ業界で仕事をしていう人間にとっては、「いい加減なこと言うんじゃねーよ!」というちょっとした怒りとともに、とても心が痛むエピソードであります。)

それで、心を痛めた地元の方が、「ウクレレにできないか?」と考えて、その材を、松本のセイレン弦楽器工房に送ったのでした。その話を聞いたElliさんが、「私がそのウクレレを持ちたいな」と思ってオーダーしたという。そして、2016年の4月は、最初のタマナウクレレの里帰りツアーだったのでした。

IMG_1254_R.jpg

IMG_1265_R.jpg
タマーニャの里帰りライブ


IMG_1481_R.jpg

IMG_1434_R.jpg
美しい自然、堪能しました。


初めての母島では、衝撃的なことや刺激的なことがたくさんあって、まさに「生き方が変わった」と言っても良い体験だったのですが、そのとき、一番印象に残ったのがアカギの話でした。
〈つづく〉

緑地管理の作業内容を見直す

先日シェアした、『「スキル」と「センス」は何が違う?起業戦略の専門家が語る、優れた経営者の共通点』という記事の、飛行機の機内食の事例を読んでいて、思い出したことがあったので、書き留めておこうと思います。

弊社は、「環境に悪影響を与えるような化学農薬を極力使用しない」というコンセプトで、緑地管理の仕事などを行っていますが、数年前から、わりと大きなマンションなどの緑地管理の仕事もするようになってきました。
ここで問題になるのが、病害虫の発生や、それに対する薬剤散布の問題です。
住民の方(管理組合など)から、直接ご依頼いただいている場合は問題ないのですが、こういう案件の場合、マンション管理会社やそれに付随する造園会社からの「下請け」という立場になることもあり、そうなると、大変。

こういう案件の場合、基本的に年間のスケジュールが決まっています。落葉樹の剪定が12月とか、低木の刈込が7月とか、そして、薬剤散布は5・7・9月など・・・

一つ目の問題は、作業項目に「薬剤散布」と書いてあるならまだしも、「消毒」と書いてある場合もあるということ。

私: この「消毒」って、どの樹種に対する消毒ですか?
担当者: いや、特にどの木っていうわけではなく、いつも全体的にやってますけど・・・
私: 何か病気が発生しやすいんでしょうか?
担当者: これといって別に。いつもそうしていますので。

一般的に、殺菌剤(病気の菌を殺すもの)を使用する場合は「消毒」というはずなので、では、害虫が出た場合の対応はどうなっているんだ??とか、
病気も何も発生していないのに、「消毒」って何に対して??空気を消毒するんかい??とか・・・色々言いたくなるが、ぐっとこらえる。

二つ目の問題は、作業月が決まってしまっていること。

私: この、「薬剤散布」5・7・9月となっていますが、もし、害虫が発生していなかったら、その月の薬剤散布は止めて、他の月で害虫が発生していた時の作業費にまわしても良いでしょうか?
担当者: いや、それは困ります。
私: 何故でしょうか?
担当者: 毎年、こういうことに決まっていますので。

病害虫の発生月は、毎年の気候によって変わります。特に、近年の異常気象によって、「例年通り」ということがさっぱり言うことのできない今日この頃です。

私: あの、殺虫剤って、例えば何を使われていますか?
担当者: 「ス○チ○ン」とか・・・
私: あれは、その虫に直接かかれば効果がありますけど、いないときに散布しても、予防的な効果は無いと思うんですけど・・・ホントに害虫がいなくても散布しているんですか?
担当者: いや、まあ、そうなんだけど。。。(汗)

環境省が『公園・街路樹等 害虫・雑草管理マニュアル ~農薬飛散によるリスク軽減に向けて~』というものを発行しておりまして、(緑に関する仕事をされている方は、是非、読んでださいね。)
この中でも、「公園、街路樹等における病害虫防除に当たっての遵守事項」のなかで、「病害虫の発生や被害の有無にかかわらず定期的に農薬を散布することをやめ、日常的な観測によって病害虫被害や雑草の発生を早期に発見し、被害を受けた部分のせん定や捕殺、機械除草等の物理的防除により対応するよう最大限努めること。」と。要するに、「スケジュールを達成するための目的で、意味も無く農薬を散布しちゃダメよ」と書かれているわけです。

こういうことがわざわざ書いてあるということは、「害虫は出ていないけど、今度、また作業しに来るのも面倒だし、終わらせないと請求書出せないし・・・」みたいな理由で、化学農薬を散布している現場が多いということの表れでもあると思います。

私: 少なくとも、病気や害虫が無いときに、殺菌剤や殺虫剤を散布する必要は無いと思うんですよ。病害虫がいるときには化学農薬を散布するとしても、いないときにどうしても散布しなければいけないということであれば、活力剤か何かを散布してあげた方が、サービスになるのではないでしょうか?
担当者: 確かにそうですけど・・・ (そんなこと考えたこともなかった。)
私: (笑顔で)じゃあ、そうすることにしましょう。

基本的に、「下請け」の会社は、親会社に対しては意見は言わないらしいので、かなり面食らっている様子の担当者さん。この辺りで、だんだん疲れてくるのですが、もうちょっと頑張らないといけません。
三つめは、使用する薬剤の問題。

私: 弊社は、「環境に極力影響を与えない」ということでやっていますので、有機リン酸系の農薬などは、基本的に使わないのですが。植物用の生薬とか、有機JAS認定でOKになっている農薬などを使用しますけれども、それで良いですよね?
担当者: そういう薬剤にすることによって、害虫が大発生したりしたら、どうなるんでしょう?

「どうなるんでしょう?」って、もちろん、ウチに依頼している御社の責任になるんでしょう。嫌だったら依頼しなければいいだけのことじゃん。と思うが、ぐっとこらえる。

私: (笑顔で) これまで、10年以上このスタイルでやってきていますが、この方法に切り替えて1~2年くらいは、ちょっと不安定な時期もあるかもしれませんが、それ以降は、植物に抵抗力がついてきますので、逆に病害虫の発生も減ってきますよ。これまで、クレームになったこともないですし。
担当者: 最初の1~2年は、どんな感じなんでしょう?

そんなに変わらないし、落ち着いて考えれば、変わるわけがないと思うんです。害虫が発生していないときに農薬を散布して、例えば翌月に害虫が発生していても、「今月はその作業は項目に無いので」ということで薬剤散布をしなかったりするわけですから。
「私だったらむしろ、ムダに化学農薬を散布される方に対してクレームを言うが。」と思うが、これもぐっとこらえる。

私: (笑顔で) 何か問題があれば、何回でもすぐに行きますよ!
担当者: そ、それなら大丈夫かな・・・ (それでも不安。でも、この人に頼むしかなさそうだし・・・と、顔に書いてある。)
私: では、そういうことで!よろしくお願いします!

こんな、ヒリヒリとしたやりとりの末にお仕事をいただいて、最初の1~2年くらいは疑いの目で見られていたり、その間のエピソードもいろいろありますが、それは、またの機会に。

結論から言うと、化学農薬をやめたことで、1年目から病害虫の発生などに関してクレームになった案件は、今のところ、一度も無いということで。
めでたしめでたし。

目標は立てない。

起業して、5~6年目でようやくわかってきたことを少し書こうと思います。

会社の運営の仕方がわからないときって、事業セミナーみたいなものに参加したり、本を読んだりして、なんとなく実践してみたりしますよね?
それで、「事業計画を立てる」ということをしたり、「PDCAサイクル」で検証したり、事業を発展させるために「○○戦略」を採用したりとかしてみるわけなのですが、これ、すべて、上手くいきませんでした。簡単に言うと、「数値目標をクリアーするために仕事をとってくる」というような状況に陥ってしまうんですね。そうすると、仕事の内容は納得できないものだったりするし、それが自身のストレスになるし、そうなれば、当然、組織の空気も悪くなる・・・

それで、あるとき、「目標は立てない。」と決めました。そうしたら、かえって、売上も良くなってきたんです。そこで気づいたのが、「そういえば、ああいう起業とか事業の本を書いたり、セミナーの講師をしている人って、みんな男性だな。やっぱり男女でアプローチの仕方が違うんだ。きっと・・・」ということでした。

なんとなく感じていたそれが、先日読んだ本『新しい時代のお金の教科書』(山口揚平 著)で、クリアーになりました。

「タテ」のマジョリティ、「ヨコ」のマイノリティという話があって、要するに「コモディティ(匿名の製品・サービス。例えばお金/票/エネルギー)」を提供するのがマジョリティ。その周辺に位置しているのがマイノリティ。緑とか花とか生活必需品ではないものを提供する弊社の仕事は、当然、マイノリティです。

---------------------------------------------------------------
マジョリティの基本的な発想は、資源を吸い上げて、上からシャワーのように降らすことです。
これは出来上がったシステムなのであたりまえです。(引用)
----------------------------------------------------------------

このタテのシステムの中に入り込んで、マイノリティの人達が事業をしていこうとしても、上手くいくはずが無いのでした。

この本の、「女が男より稼ぐ時代」という項にこんなことが書いてあります。

----------------------------------------------------------
資本主義社会とネットワーク社会についてまとめます。
  ご覧のとおり、「タテ」と「ヨコ」では何もかもが違うのです。
  「タテ」だった頃は円錐形だったものが、だんだんと円状に変化していきます。そして、ネットワーク社会ではハブ人材(インフルエンサー)が圧倒的な影響力を持つようになるのです。

 今、東京の中心ではお金を稼ぐことに関しては完全に女性のほうが上になっています。男性の稼ぎ方はタテ社会(支配と依存)×ロジックですが、女性はヨコ社会(憧れと共感)×感性です。タテ社会は崩壊しつつあり、ロジックはAIに負ける。したがって男子的能力では稼げない時代となっています。(引用)
---------------------------------------------------------------

なるほど、すっきり。
ここ数年、私は、「(数値)目標を立てないことが目標としている」と言っているのですが、それで良かったのでした。

少しでも多くの人に、共感してもらったり、信頼してもらえることで、仕事が増えていく。その繰り返しで良いのだと実感している今日この頃です。

「緑化する上での基本作法」 ~ 「江東区緑化計画の手引き」から

各都道府県や市町村には、緑化を進めるための緑化条例や自然環境を守るための環境保全条例などが制定されています。都市部では特に、大規模な建築を行う際の緑化基準があり、「面積当たり〇本の樹木を植える」というようなことが決められています。
 
例えば東京都では、23区ごとにそれぞれ条例があって、それぞれの現場ごとに、緑化基準書を確認しながら植栽計画を立てていきます。なので私は、様々な自治体の緑化基準書を目にする機会が多いのですが、「こんな数量、将来のことを考えたら植えすぎなんじゃないか?」と感じるものがあったり、とにかく面積あたりの数量の換算方式だけが入念に書かれているだけのものが多かったりして、どちらかというと、その書類を読み込むのも面倒だし、その基準に沿って計画するのが不本意な気持ちになるものがあったりして、どちらかというと良くない印象があるんですね。おそらく、緑化計画に携わっている人の中でも、「面倒だな」と感じている方は多いのではないでしょうか?
 
今日、江東区のある物件の植栽計画を立てるにあたって、江東区の「緑化計画の手引き」を初めて読んだのですが、これが良かった!


 koutouku_2.jpg


開発する面積当たりの緑化面積や植栽本数の算出方法などが掲載されているのは、他の自治体と同様なのですが、「緑地をつくる意味」が、しっかりと書かれているんです。
 
例えば、「緑化デザインの実際.1」というページで、最初にうたわれているのが、「みどりの大切さ」で、
    みどりそのものの存在機能
    防災機能
    景観構成機能
    生物生息基盤機能
4項目が挙げられていて、それぞれの内容が、簡潔に説明されています。
 
通常、「みどりって大切なものですよね?それはわかりますよね?」という感じな、あいまいな表現が多い中、きっちり、端的に4項目を挙げて説明されているのが良いと思うし、「景観」のことや「生物生息基盤」のことについて触れられているのが良いと思います。

 

koutouku_1.jpg 


次に、「みどりを育てる基本」という項目があって、
「草も木も、植物は私たちヒトと同じ生き物です。緑化する上での基本作法として、生き物としての植物が将来にわたり、良好な生育ができるよう、以下に挙げるように十分な環境条件を整えて植栽してください。」
とあり、以下の5項目が挙げられています。
    緑化基盤作りと土壌改良が植栽の基本です
    植物生長に必要な環境条件を確保する
    その場所に適した種類を植える
    既存樹木を極力活かす
    植栽した後も愛情をもって適切なメンテナンスを行う
 
これ、本当に植栽をする際の基本中の基本なのですが、この「ヒトと同じ生き物」だということが、蔑ろにされてしまっている緑地が多いのも現実です。そんな中、自治体がこのようなわかりやすい言葉で設計者に伝えようとしていること、これは素晴らしいことだなと思います。
 
上記の5項目は、通常の個人邸など、どんな植栽計画にも共通な内容で、一般の方が読んでも、役に立ちます。
詳細部分については、
このリンクから確認してみてください。(12ページから15ページ)
 
この他にも、「バランスの取れた多層構造のみどりを育てる」とか、「多様な生態系を育むバランスのとれた緑をつくる」というようなことも、わかりやすく解説されています。
 
ただ、残念なのは、緑化計画書の審査基準には、土壌改良のことや、多様な品種を計画しているかどうかなどは、どうやら含まれていないみたいだということ。
 
例えば、土壌改良は、現場によっては、植物を植える費用よりもコストが掛かる場合もあるのに、目に見えない部分なので、コストカットの対象になりやすい部分であったりもします。こういう部分が、計画書や審査基準にしっかりと盛り込まれていると、現場でも軽視されにくい作業項目になるのに・・・
 
今後の変化に期待したいと思います!


Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表取締役
All About 「家庭菜園」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム