FC2ブログ

星の王子さまミュージアム〈夏〉

イギリスから帰ってきて、あっという間に2週間あまりが経ってしまった・・・

この間、実は、箱根の星の王子さまミュージアム4回も行っているので、そのことを少し。

 

◆720日 本格的な夏休み前に、全体的なチェックと手直し

 

梅雨開け間近ころに何度かあった暴風雨と、その後の猛暑で、寄せ植えを中心に、傷んでしまった植物がかなりあった。その寄せ植えやハンギングバスケットを中心に、手直し作業をせっせと行うが、この日は、東京では36度になった猛暑日。さすがの箱根でも、ものすごく暑く、イギリスでのんびり過ごしてきた体には、かなりキツかった・・・

 

この1日だけではやりきれなかった部分や、雑草がものすごく生えてしまっていた部分があったので、次の週に作業することに。

0805a.jpg

 

0805b.jpg

吉谷桂子さんより絶大な信頼を寄せられている、マダム沼尻作のハンギングバスケット。


◆7
27日 この春FGP科を卒業した方たちの力を借りて、大々的に除草作業。

 

ずっと気になっていた県道沿いの部分や、ウワバミ(ゾウを飲み込んだウワバミというものが、園内にあるのです)の中がスッキリ!この日は、比較的涼しく、作業も快適に進む。

 

やっぱり箱根はこうでないと・・・

 

◆729日 竣工より1年目の自主点検

横浜を出発するときは霧雨程度の雨だったのに、仙石原に登っていくにつれて、なぜか、暴風雨に・・・

 

少し元気がなく、気になっていた樹木たちも、枯れるほどのものはなく、一安心。今後の作業方針などを、改めて確認する。

 

仙石原というところは、雨が降ると風も強く吹くという土地柄らしい・・・そして、標高が高いので、雨が降ると、気温も一気に下がる。ポロシャツ1枚で行ってしまったら、園内を歩いている間に少し濡れてしまい、その後、カゼを引いてしまうかと思うほどの寒さに・・・スタッフの方は、「ここは、雨が降ると冷えるんです」と、皆さん、しっかり、いつもより1枚余分に着ておられた。

 

◆85日 お盆前の手直し

 

「お盆休み前に、もう一度手直しをしておきたい」という、このガーデンのデザイナー、吉谷桂子さんの熱意に押されて、再び作業。ガーデンの中でも特にメインのスペースである、アジサイの小道とローズガーデンに、ルドベキア‘プレーリーサン’などの「真夏らしさ全開!」の草花を植え足す。

 

自他ともに認める「晴れ女」、吉谷さんと作業をする日は、大抵、ものすごく晴れる。嬉しいんだけれど、暑い・・・

 

こんな風に書いているだけでも、仙石原って、天気がめまぐるしく変わるところなんだなあと改めて思う。特に、日本全国の温室で育てられていて、いきなりココへやってきて植えつけられる植物たちは、環境に慣れるのに大変な思いをしているんだと思う。植えつける時期を選んだり、水やりや日頃の管理のしかたで、少しでもそのストレスを減らし、健康に育ってくれるようにしていくのが、私の役割。ようやく1年経ったけれど、まだまだ掴めていない部分がたくさんあって、これからも試行錯誤が続くと思うが、私にとって、「そこに植えられた植物が気持よく育ってくれていることが、来園してくれたお客様への最大のおもてなしである。」ということを肝に銘じて、ひとつひとつクリアーしていきたい。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

バラとアジサイの季節

9日・10日と、星の王子さまミュージアムで仕事をしてきた。

今回の主な作業は、

・パンジーなど冬~春に咲いてくれた草花を、夏バージョンに植え替える。
・マルチングとして使われていたウッドチップを取り除き、バークたい肥に交換する。

という、体力も使うけれど、丁寧さも必要という仕事。

1日目は、FGP科を4月に卒業した精鋭軍団4名と、ウチのスタッフとで、古くなった草花の撤去と土壌改良。2日目は、この集団加えて、インナチュラルさんから1名、そして、いつも一緒に仕事をしてくれているY君とTさんという、総勢10名で行った。皆さん、とても効率よく動いてくれたおかげで、予想以上にはかどって、2日間で、予定していた仕事を終わらせることができた。

さて、9日の夜、姥子温泉に宿泊した私たちは、翌日の朝、早めに現場へ行って、ゆっくりと園内をまわりながら植物の状態をチェック。早朝の園内は、やはり、気持ちが良い。
 
0510a.jpg

バラがようやく開花しはじめた。東京近郊と比べると、ちょうど、1か月遅れというところか。一番はじめに咲き始めたのが、スパニッシュビューティー。

0510c.jpg

そして、アンジェラやバレリーナも咲き始めてきている。

0510b.jpg

今年は、4月に入ってからも雪や雹が降ったりと、不安定な寒い天気だったので、昨年の7月に植えられたばかりの植物たちにとっては、「とんでもないところに来てしまった!」と感じるような大変な春だったと思うが、バラは、どうにか花数もそれほど減らずに咲き始めてくれて、ホッとしているところ。

実は、バラ以上に影響を受けているのが、アジサイで、春以降の寒さの影響で、花芽である頂芽がかなり傷んでしまった。今年は、花が少なくなってしまっても仕方ないかなと思いつつ、でも、せっかく見に来ていただけるお客様には申し訳ないので、「少しでも多く花芽をつけてくれていないかな」と思いつつ、毎回、芽の部分を覗きこんでしまう・・・

ミュージアムのスタッフの方と、「今年のアジサイは、箱根の他のところでも、きっと花が少ないはずなんだけれど、ココだけ花が少ないと申し訳ないなあ・・・」という話をしていたら、「他は、鉢植えで咲いているアジサイを買ってきて並べちゃうから、比較にならないよ。」と言われた。
「え?そうなの」と、びっくり!
 
この園内でも、寄せ植えには鉢植えで咲いているものを持ってきて使用しているが、朝晩の気温差があり、朝にはしっとりと霧が出るという、この土地でゆっくりと花を咲かせたものの美しさには、かなわないと思う。

今年の星の王子さまミュージアム。園内に植えられたアジサイは、花数は少ないかもしれないけれど、その分、ひとつひとつの花は、きっと大輪で、鮮やかな色で咲いてくれるはずと期待しつつ、しっかりと手入れを続けていこうと思う。


ブログランキングに参加中。読んだシルシにこちらをクリック!にほんブログ村 花ブログ イングリッシュガーデンへ

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

3月29日 星の王子さまミュージアム

3月17日に行われた、RHSJさんとの共同イベントで余った苗を植えに行く。

横浜から御殿場を、過ぎ乙女峠を登っていくと、小雨が徐々に小雪に変わっていく。現場では小雪が舞ったり止んだりという状況。私が配置していく苗を、Fさんが手際よく植えつけていってくれる。
10時頃にはいったん雪が止み、空も明るくなってきた。

小休止の後、再び作業をしていると、11時頃から霰が降りはじめてきた。「霰とか雪って、雨の時よりも作業しやすいね」などと言いながら、気にせず作業を続け、「お昼の休憩にしようかな?」と思ったところで周りを見渡すと、いつの間にか一面真っ白に!

お昼休憩をしながら窓の外を見ていると、霰は本格的な雪に変わり、どんどん積ってゆく…
16日以来、ポットのままにされていた苗を、これ以上、ポット苗のまま置いておけないという事情もあり、ちょっと迷いながらも、完全防備で、作業を続けることに。

しかし、30分くらい作業をしたところで、雪で地面が完全に見えなくなってしまい、苗の配置ができなくなってしまった!残りの苗を2.5ケースほど残したところで、泣く泣く作業を中止。

0329-001.jpg


0329-006.jpg
午後2時頃の状況。
ミュージアムスタッフのその後の報告によると、トータル30cmほど積もったそうだ。
でも、翌日には、ほとんど溶けたとのこと。


せっかく完全防備の格好になったし、時間も余っちゃったし。ということで、数十年ぶりに雪だるまを作ってみた。

0329-011.jpg

 
帰りは、想像をはるかに超える大渋滞にはまってしまった!
ノーマルタイヤを履いていた車が次々とスタックしてしまっていて、両車線とも詰まってしまっている状態…

0329-012.jpg

 
普段は、10分くらいで下っていくことができる、宮城野という地点を通過したのは、ミュージアムを出てから、ようやく3時間30分たった頃。家に帰りつくまでに、4時間以上もかかってしまった。
バスで小田原まで帰ったFさんはもっと悲惨で、その日の夜中に来たメールによると、「あちこちに車が放置され、大型バスは壁につっとってるわで、道はほぼ一車線状態。おかげで、☆からバスを2h待ち、ようやく乗れたと思ったら渋滞で3h…マジでヤバかったデス。」とのこと。

雪だるまなんか作ってる場合ではなかった!

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

3月11日 星の王子さまミュージアム

星の王子さまミュージアムでは、3月17日のイベントや、春休みに向けて、春の草花を植えこむ作業が先週から始まっている。

一昨日は、3月にしては珍しく、横浜でも雪が降るような天気だった。昨日、現場のMさんから「雪が、明日までに到底溶けそうにありません…」との連絡をいただいていたのだが、他の日のスケジュールが埋まってしまっていた関係もあり、「どこか溶け始めているところから作業をしていれば、そのうち全部溶けるでしょ。」と、軽い気持ちで現場に向かった。

0311_7593.jpg

 

0311_7595.jpg

 
到着してみると、予想外の厚い雪…
そして、雪かきをしようにも凍ってしまっていて、強引に雪をどけようとすると、雪に凍りついた植物がちぎれてしまう…
「これは、少し溶けるまで待つしかないね」ということに。

それで、「せっかく良い天気だし!箱根だし!」ということで、大涌谷まで、富士山を見にいくことにした。

0311_7586.jpg

3月には珍しいという快晴の富士山は素晴らしく、大涌谷のカッコいい湯気を見ながら、黒たまごを食べて、「寿命が延びた」と満足し、現場に戻る。

溶け始めた雪をはがすような雪かき作業で、午前中は終了。

0311_7598.jpg



0311_7599.jpg



0311_7601.jpg

予定していた作業の半分くらいしかできなかったけれど、きれいな富士山も見られたし、まあ、最初に思っていたよりは作業が進んだし、暖かくて風がなく、快適な陽気のなかで作業ができて、満足。

0311_7615.jpg


夕方になっても、まだまだ快晴!青い空をバックに、園内の植物の写真を撮るのが楽しい。
久々に、深~い満足感に浸れる、本当に気持ちの良い一日だった。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

1月27日 星の王子さまミュージアム

星の王子さまミュージアムへ、割れてしまった鉢の交換に行く。
お正月前後や1月中旬の寒波の影響で、寄せ植えに使用していた素焼き鉢が、いくつか割れてしまったのだ。

今日の天気予報では、「南風が吹いて暖かくなる」とのこと。
しかし、仙石原に着いてみると、寒い!この日の現場の気温は8度。 日陰だったり風が吹いたりするところでは、体感気温は何度になるのだろうか・・・
でも、スタッフの方たちは皆、口をそろえて、「今日は暖かくて良かったですね~」と、声をかけてくれる。

作業をはじめて2時間くらい経ったところで、あまりの寒さに、作業を若手に任せ、私ひとりだけストーブのある場所へ避難。事務所で使い捨てカイロを2個いただき、装着したうえで、再度、外へ出ていく。ここの展示部門の仕事は、外仕事なので、使い捨てカイロとヒートテックは、欠かせないアイテムとなっているそう。使い捨てカイロは、ひとり4~5枚着けているらしい・・・

割れた鉢から新しい鉢への移植も無事終わり、追加の資材として持って行った、バラ咲きタイプのプリムラ ジュリアンと、黄花のプリムラ ベリス‘ガブリオ’を、色の寂しいスペースに植栽。この寒さで、パンジーもプリムラも、花はお休み状態になってしまっているので、久々に目にする色鮮やかな花を見て、スタッフの方たちは嬉しそうだった。

IMG_0384b.jpg

秋に植え足した、アコルス‘オウゴン’が効いている。

bIMG_0385.jpg
木々がすっかり落葉して、空が広い。

bIMG_0387.jpg
富士山と夕日を堪能しに、ちょっとだけ寄り道をして、帰途に着く。





テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

Q-GARDEN(キューガーデン)のHPへ!
MOON AGE
最新記事
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
プロフィール

小島 理恵

Author:小島 理恵
GARDENER Q-GARDEN代表取締役
All About 「家庭菜園」ガイド
町田ひろ子インテリアアコーディネーターアカデミー 講師

庭のプランニング・施工・ケアまで一貫して手がけている。四季を通じて植物を楽しむことができるオーガニックな空間づくりが特徴。

検索フォーム